LIDEF LIFE DEFENCE

FREEZETECH
SCROLL DOWN

お客様の声 USER VOICE

USER VOICEお客様の声

「働く人を冷やしたい!」プロジェクト

No.6

温度差も激しいと体調を崩しやすいので、こういう冷感効果のあるインナーは嬉しいですよね。

品品代表 盆栽作家
小林 健二さん
「景色盆栽」という言葉をご存じだろうか?高齢者の趣味という、今までの盆栽のイメージを覆すようなお洒落な盆栽。四季をモダンなフォルムで表現したそんなスモールピースをそう呼ぶんだとか。今回『フリーズテック』を着てもらうのはその「景色盆栽」の提案者、日本を代表する盆栽作家・品品代表の小林健二さんだ。
「日本では盆栽=お爺ちゃんの日課なんて印象が根強かったんです。でも盆栽を愛でることの喜び、楽しさをたくさんの人に知って欲しい。そこで何か新しい盆栽を表現できないものかと考える経緯で生まれた言葉が「景色盆栽」。最低限のルールを守りながらもカジュアルに、手をかけて好みの姿に植物を仕立てていくアプローチなんです。」
盆栽を世に広めるため、品品の自由が丘店舗では「景色盆栽」教室を定期的に開催。更には造園装飾の施工から書籍の執筆、盆栽の制作と様々な仕事を行う小林さん。さてさて提供した『フリーズテック』の効果のほどは?
「私たちは日差しが強いときこそ外に出る機会が多いんです。水やりもそうだし、買い付けで地方へ行く際も汗だく(植物は基本外)。真夏に長時間庭の施工を行うこともありますし。温度差も激しいと体調を崩しやすいので、こういう冷感効果のあるインナーは嬉しいですよね。見た目がシュっとしているのも良いと思います」
下記は小林さんにお話を聞いた中で一番に印象深い台詞。
「せっかく四季がある自然豊かな国に生まれたのだから、緑ともっと触れ合ってほしいです。盆栽に限らずですが、何かしらと少しの時間で良いので。毎日5分間の水やり。それをするだけで毎日が、そして人生が豊かになるはずですよ」

sinajina
http://www.sinajina.com/

USER VOICE

「働く人を冷やしたい!」
プロジェクト
近年問題となっている真夏の異常な暑さや熱中症。
そんな過酷な状況で働く人たちを応援したい!
という目的で立ち上がったプロジェクト。
実際にFREEZE TECHを着用・体感してもらい、
様々な職業の方々にインタビューを実施しました。
多種多様な職種の中でいかにFREEZE TECHが
活躍できるのか?ぜひご覧ください。