LIDEF LIFE DEFENCE

FREEZETECH
SCROLL DOWN

お客様の声 USER VOICE

USER VOICEお客様の声

「働く人を冷やしたい!」プロジェクト

No.20

汗をかいているときは涼しく、汗がひいた後も涼しくなりすぎず…と体調管理にも役に立っている。

社会福祉士
石塚 誠 さん
高齢化社会の到来もあり、ますます注目を浴びる社会福祉の世界。一方で仕事内容はハードな印象もあるが、知的障がい者の方の生活介護を行う通所施設で働く石塚さんは、「介護も体力的に大変なこともありますが、利用者さんはみなさん素直でかわいいです。本当にやりがいのある仕事ですね」と穏やかに笑う。そんな石塚さんはこの4月から『フリーズテック』を愛着しているという。
「基本、生活介護は室内で行うのですが、若くて身体も大きい利用者さんを介護した際は、気が付けばビッショリ汗をかいていることも。また、利用者さんの健康管理のため、ウォーキングをしたり、広場でスポーツをしたりもします。そんな時、この『フリーズテック』なら、汗をかくほど涼しく感じられて快適なんです」
 石塚さんは「社会福祉士」という国家資格を取得しているのだが、この社会福祉士の仕事は「心や体に障がいがある方や日常生活を営むのに支障がある方の、相談業務やサービス提供者との連絡調整などの援助を行う」ので、介護を希望する方の家や業者などを忙しく飛び回ったりする一方で、デスクワークに集中しなければならない時もある。
「とくに夏の季節は、外回りで大汗をかいた直後に、冷房の効いた部屋に戻ることもあったり…で、体調を崩すこともありました。でもこれならサラッと汗も乾くので、汗をかいているときは涼しく、汗がひいた後も涼しくなりすぎず…と体調管理にも役に立っていると思います」
 石塚さんの働く社会福祉法人では、来年4月に特別養護老人ホームを開設予定で、石塚さんは先日その準備室長に就任。「ますます『フリーズテック』が手放せなくなりますね」と笑う石塚さんだが、福祉の現場でフリーズテックが活躍する日が、本当に来るのかもしれない。

USER VOICE

「働く人を冷やしたい!」
プロジェクト
近年問題となっている真夏の異常な暑さや熱中症。
そんな過酷な状況で働く人たちを応援したい!
という目的で立ち上がったプロジェクト。
実際にFREEZE TECHを着用・体感してもらい、
様々な職業の方々にインタビューを実施しました。
多種多様な職種の中でいかにFREEZE TECHが
活躍できるのか?ぜひご覧ください。